『内面と見た目』の変化を9つのジャンルで分けてみた。


f:id:haru5200:20190114120134j:image

2009年(今から10年前の20才の写真)

 


f:id:haru5200:20190114120247j:image

2019年(現在)

 

今日は成人の日。

あれから10年『内面と見た目』は良くなっている。悪くなっている。変わらない。


f:id:haru5200:20190114115543j:image

人それぞれの生き方の違いで、ジャンルが決まってくる。

 

成人してから10年。内面がどのように変化しているのか?見た目がどのように変化しているのか?

 


①内面も良く、見た目も良くなっているのは成長している証。

 

②内面は良く、見た目が悪くなっているのは自分の世界に入っている証。

 

③内面は良く、見た目が変わらないのは『私』。

 

④内面は悪く、見た目が良くなっているのは周りが気になっている証。

 

⑤内面は悪く、見た目が悪くなっているのは苦労されいる証。

 

⑥内面は悪く、見た目が変わらないのは過去を引きずっている証。

 

⑦内面変わらず、見た目良くなっているのは『幸せもの』の証。

 

⑧内面変わらず、見た目悪くなっているのは衰退の証。

 

⑨内面変わらず、見た目かわらないのは普通の証。

 

『内面、見た目』良い。悪い。変わらないを決めるのも人それぞれ。

 

各項目にどんな文章を思い浮かべるかも人それぞれ。

 

その人が置かれている状況、環境、精神状態によっても変化する。

 

自己評価しても他者評価してもよい。

 

ちなみになぜ私はなぜ③内面は良く変化し、見た目は変わらないと評価したかというと。

 

内面を鍛えるためには
①色んな経験…旅、仕事、家族、趣味、人との出会いの中で起こる現象に対して何かを思い、考え、行動する。

 

②自分との対話…未来予想、想像、妄想、反省、悩む、読書といったことを通して、何かを思い、考え、行動する。

 

こんなことをして鍛えられていくと思う。

 

私はこの中でも、『悩み』からの想像、妄想、読書が好きで、そんなことに時間を費やしてしまいがちであると同時に…

 

具体的な変化として…
かつては他者に対し『自己主張、受け入れない』

現在は他者に対し『許容、受け入れる』

そんな変化があることから内面は少なからず良くなったと思う。

 

見た目の変化がないのは生活習慣をほぼ変えていないのと、久しぶりに会う人から良く『変わってないね』と言われるからである。


こんなめんどくさい文章を読んでいただきありがとうございます。

 

書いている時点で「めんどくさい人間になったものだ」という気づきがあった。

 

10年前ならこんなことに思いを馳せないだろう。

 

頭に思い浮かんでしまったので、文章化してしまった次第である。

 

 

 

新年一発目はハイテクハーフ!ドーパミン、セロトニンの発生を求めて!


f:id:haru5200:20190114114744j:image

ハイテクハーフマラソン


f:id:haru5200:20190114003406j:image

赤羽の荒川沿いを走るレース。


f:id:haru5200:20190114003432j:image

今回は走る前に、終電まで前夜祭をやってしまう初の試みを仕掛けてみた。

 

お陰で、寝ている最中に肉を消化しようと身体が頑張ってしまったので、朝から疲労感(笑)


f:id:haru5200:20190114003650j:image
f:id:haru5200:20190114003704j:image

そんなことはあまり考えず会場に向かった。


f:id:haru5200:20190114003720j:image


f:id:haru5200:20190114003755j:image

 

会場に着くとかなり盛り上がっている。

 

 


f:id:haru5200:20190113232931j:image

記録(1〜15㌔)

15㌔まではいつもと同様のペースで走ることができた。

 

10キロ通過は40分36秒と自己ベストを1秒更新!

 

だいたいレースの時は自分よりも少し早いぐらいのペースの人を探して、その人を尾行するような作戦をとる。

 

今回は序盤に㌔4分ペースの集団が形成されて、その中に紛れ込み比較的楽に進むことができた。

 

途中で昨日の肉が出てきそうになる場面もあったが、こらえることができた。

 

10㌔〜13㌔までは赤いケンタッキーのシャツの人にビタ付きする。

 

あれ?今日も肉じゃないか!とか思いながら…

 

少しペースが遅くなったと思い、13〜15㌔は前に出てペースを変えると、、

 

なんだか苦しくなってきた…

 

 

記録(16〜21㌔)

f:id:haru5200:20190114000744j:image

16㌔〜はペースが上がらず、最後もスパートをかけられずに終わってしまった。

 

課題克服のために、①ハーフの大会を定期的に入れる。②練習から21㌔をレースペース意識して走る。そんなことができたらいい。

 


f:id:haru5200:20190114004402j:image

ただ21㌔走るにもペースを考えて、誰につくか?どこでペースを上げるか?給水はとろうか?色々と考える。

 

レースプラン通りにいくように練習し、自分を管理する。

 

 


f:id:haru5200:20190114003831j:image

結果はぼちぼちとなってしまったが、来月の『静岡マラソン』にむけての良いしげきになった。


f:id:haru5200:20190114004144j:image

参加賞はこんな感じ。

 


f:id:haru5200:20190114004340j:image

ここは春になったら桜の下に芝桜が広がってきれいなんだろうなと思い。


f:id:haru5200:20190114003847j:image
f:id:haru5200:20190114003907j:image

赤羽の街を少し観察し、帰路につく。

 


f:id:haru5200:20190114003931j:image

地元では『どんど焼き』をやっていてなんだか安心した。


f:id:haru5200:20190114004227j:image

豚汁やお神酒を無料でいただいた。

 

『コーヒーうまい。』30歳になってやっとコーヒーの美味しさが理解できた。


f:id:haru5200:20190106212347j:image

コーヒーの『豆』を買う。

 

いつからそんなことをするようになったのだろう。


f:id:haru5200:20190106212406j:image

相模湖の近くにある『ZEBRA coffee』でなんとなく豆を買ってみた。

 

コーヒーを豆から挽くことに興味をもったのは約2ヶ月前である。


f:id:haru5200:20190106212440j:image

豆の匂いに癒やされ…


f:id:haru5200:20190106212424j:image
f:id:haru5200:20190106212844j:image

豆を砕く…


f:id:haru5200:20190106212451j:image

お湯を入れたときにの、粉になった豆たちが膨張する瞬間が見物だ。

 

お湯を少しづつ入れ、抽出していく作業に面白みを感じる。


f:id:haru5200:20190106212506j:image

飲んだことのないコーヒーを飲む瞬間の喜び。


f:id:haru5200:20190106212754j:image

コーヒーの味の感想を思い浮かべて、説明文を読み、自分の感想と照らし合わせる。

 

そんなゲームもしてみる。

 

以前は全くと言ってよいほど、コーヒーは飲んでいなかった。

 

しかし、コーヒーには『眠気を覚ます』

 

そんな効用に魅力を感じ、なんとなく飲んでいたが、今ではどハマリしている。


f:id:haru5200:20190106212824j:image

色んな豆を堪能してみたい。

箱根の昼と夜。旅先でも貪欲に走ろうとする姿勢が仇となる。



f:id:haru5200:20190101103557j:image

箱根へ家族と旅行へ。


f:id:haru5200:20190101102704j:image
f:id:haru5200:20190101102723j:image
f:id:haru5200:20190101102759j:image


f:id:haru5200:20190101102818j:image

日中は博物館、お刺身、芦ノ湖と満喫。

 

宿ではおいしい焼き肉。


f:id:haru5200:20190101102833j:image

あとは寝るだけ。


f:id:haru5200:20190101102913j:image

寝るだけ。

 

は、もったいない!


f:id:haru5200:20190101103644j:image

せっかく箱根に来たのにトレーニングしないでカエル🐸のはあり得ない。

 

子どもたちが眠りにつく20時30分。私は箱根外輪山への挑戦を始めた。

 

子どもたちも『パパどこ行くの?』



母は『パパは走ってくるんだって〜馬鹿だよね〜』

 

いつも通りこんな感じで。


f:id:haru5200:20190101102950j:image

こちらをする予定でした。

 


とりあえず、強羅駅まで降りて、明神ヶ岳を目指します。


f:id:haru5200:20190101103156j:image

箱根の宿がひしめくエリアは道が何本もあり、わくわくします。


f:id:haru5200:20190101103240j:image

宿街をぬけて、山道に入ると街灯がなくなり、不安になってくる。

 

今までトレランの大会で夜走るときは、周りにランナーがいたり、木に反射シールがついていたり、スタッフがいてくれるので安心して走れていました。

 

今日は単独。しかもはじめて走る山だ。

 

ふと見上げた星空は最高にキレイだった。

 

そんな呑気なことをしていると…


f:id:haru5200:20190101103021j:image

ライトの光で獣の目が光るのを捉える。

 

怖くなり、箱根の熊やイノシシや猿の情報を今更調べる。

 

結構出現している様子…


f:id:haru5200:20190101103413j:image

↑これしか走ってないが『今日は帰ろう(笑)』


f:id:haru5200:20190101103100j:image

すぐに宿へ戻るのであった。

 

宿へ戻ると、ドアが閉まっている。

 

チャイムを鳴らし、電話を鳴らすが出てこない。

 

ドアをノックする。

 

宿の方が出てきてくれた。

 

『びっくりした〜』


f:id:haru5200:20190101103121j:image

完全に変人と勘違いされていたようだ。


f:id:haru5200:20190101103136j:image

(またやらかしてしまった。)

 

箱根外輪山に挑戦するにあたって不足していたもの。


f:id:haru5200:20190101103704j:image

熊鈴、補給食、箱根の山情報、山業に望む気持ち、共に走る仲間、単独でのナイトランの経験、宿の方への報告。


f:id:haru5200:20190101103731j:image

 

 

 

 

 

 

 

核となる人物の相手でありたい。自分の価値を提供する場はどこに隠れているかわからない。


f:id:haru5200:20181225211039j:image

友人のレストランにご飯を食べに行った。


f:id:haru5200:20181225211429j:image

レストランに入るなり見覚えのある人達が『遊び場』を縦横無尽に駆け回る姿が見えた。

 

もうその時点で、今日は波乱の予感しかしなかった。

 

今回は3家族での合同お食事会で、我が家以外の2家族には『男の子』という存在がいた。


f:id:haru5200:20181225211511j:image

我が家の娘たちは大人しいことに定評があり、『空気をヨム』ことを得意としていた。

 

しかし、男の子は違う!ここぞとばかりに己のもてる力を思う存分に発揮し、全力で暴れまわる。


f:id:haru5200:20181225213247j:image

その姿は私が日頃走る姿と重なり、あまり声を大にして注意する自信はなかった。

 

食事をせずに『遊び場』で本領を発揮する子どもたちを見兼ねた友人の料理長が、

 

『食べようか!』

 

という声と共に会は始まりを告げる。


f:id:haru5200:20181225213312j:image

最初は子どもビールで乾杯をして、最高の雰囲気がながれた。

 

そんな一時はつかの間、飲み物を一瞬にして飲み干し、席を離れ、遊びを再開した。


f:id:haru5200:20181225214721j:image

その後も料理が出てくる→少し食べる→遊び場で暴れるのリピートを繰り返した。

 

周りのお客様も子ども連れとはいえ、とても静かに料理をたしなんでいる。

 

お金持ちそうな方々の視線が気になり始めた。

 

レストランが人生2度目の未熟者とはいえ、料理長が友人とはいえ、



このままではいけない。

 

私は本気を出すことを決意した。



f:id:haru5200:20181225214831j:image

先ずこの『遊び場』を牛耳っているのは何を隠そう、友人の料理長の息子である。

 

この子を説得すれば、穏やかな時間が過ごせる。

 

そう確信した私は料理長の息子に話しかけた。

 

完全にシカトされる。

 

この行為に対して、完全にスイッチが入ってしまった。


f:id:haru5200:20181225213627j:image

カチッ。

 

この子と今日中に『約束ができる関係』を築いてやる。


f:id:haru5200:20181225214928j:image

そこからは、強引な作戦であったが、私の左腕だけで行動してもらうことにした。

 

私の頭で考えられる短時間で決着をつける作戦はこれしかなかった。

 

私の左腕で跳ねたり、回転したり、上下左右に行動し続ける。

 

『遊びたいよーおりたいよー』と発言し続ける。

 

声が大きくなれば個室へ移動し、約束を交わし、席へ戻る。

 

という攻防を続けること早30分。相手はかなりの消耗をしていた。

 

私の左腕もパンパンになり、限界に近づいていた。

 

服装も薄手のシャツ一枚に。


f:id:haru5200:20181225215018j:image

時間を忘れて戦っていると、もうデザートが出てきていた。

 


f:id:haru5200:20181225220310j:image

その頃には、料理長の息子も大人しくなり、ケーキのトッピングを楽しむことができるまでになっていた。


f:id:haru5200:20181225215040j:image

もちろんもう一人のキャプテンの息子も自然と落ち着いていた。

 

子どもとレストランに行くこと=左腕のトレーニングをしにいく。と言っても過言ではない。

 

この経験は『男の子』と食事に行くことがどれだけリスクある行為であり、覚悟が必要なことかを学ばせてくれた。


f:id:haru5200:20181225220333j:image

それと引き換えに、『鶏食うのうまいな』+『粘り強いね』というありがたいお言葉も頂いた。

 

料理長の息子との時間と引き換えに、『少しだけ平穏な食事ができる空間』という場を提供できた気がした。

 

仲間と時間を共有する中で、自分がどんな『価値提供』をするか?ということはその時々で考えるべきことで、


f:id:haru5200:20181225215151j:image

今回はシンプルに料理を食している場合ではない会合であったことは間違いない。


f:id:haru5200:20181225215206j:image

言うまでもなく、終始大人しい娘との時間など、どこ吹く風である。

 

また、その空間でベストを尽せたか?毎回チェックすることも大切である。

 

もちろん!料理は最高においしく、高級なものを食べるとお腹の調子を悪くする私もかなりの量を食したが、スッキリ食べることができた。

 

ちなみにキャプテンも同じ体質らしく、残念ながらいつも通りお腹が痛くなってしまった様子であった。

 

いつなんどきも安定感のある『地産地消』を実行している人間が、こんなに身近に存在していることに驚きを隠せない休日であった。

ボルダリングボードは4000円で設置できる。ちょっと高いかな。



f:id:haru5200:20181216151703j:image

ボルダリングの壁を娘に登らせたい!

 

新たな欲求が芽生えた瞬間だった。

 

思い立ったら則行動!そんな思いを温めに温めた結果、昨日動き出してしまった。

 


f:id:haru5200:20181216152452j:image

ユーチューブで壁の作り方を予習はしていたが、専用のホールドを購入するにはまだ早い気がした。かつ高い…。

 

これはホールドを自分で作るしかない。

 

どうせ作るならお金はかけたくない。


f:id:haru5200:20181216151841j:image

じゃあ木材の切れ端でいいじゃないか(笑)

 


f:id:haru5200:20181216171125j:image
そんな作戦を練りつつ、ホームセンターで売られている、道具を使用して柱を設置した。


f:id:haru5200:20181216171145j:image

これでクライミングボードを打ち付けられる。

 



f:id:haru5200:20181216152508j:image

ホールドを壁につける際は頑丈に取り付けたいので、長めのビスを使用した。

 


f:id:haru5200:20181216152706j:image

妻の友達が遊びに来ていたので、手伝ってもらおー!!かなりノリノリでビスを打ってくれた。


f:id:haru5200:20181216152745j:image

子どもたちもだいぶ気になる様子。


f:id:haru5200:20181216152804j:image

完成!妻の友達が手伝ってくれたので、無事に終えることができました。

 


f:id:haru5200:20181216152906j:image

早速登らせます。難易度が高い様で、改善が必要です。

 


f:id:haru5200:20181216153248j:image

飽きが早い子どもたちは『大根!』と叫びだしたので、畑に行くことに。

 


f:id:haru5200:20181216162902j:image

妻の友達はビデオ片手に色んな野菜があることに興奮してくれました。

 


f:id:haru5200:20181216152935j:image

悲しいことに先日作ったうんていは先住民の妻から『邪魔!』と一蹴され、庭で野菜置きになっていた(笑)

 


f:id:haru5200:20181216153448j:image

ボルダリング施設も目を離したすきに、この有様です。

 

新たなものを作り続ける。期待に応え続けることが大事だ。

 

既存のものを使い続ける良さもあるが、人は新たな刺激を求め、時は流れていく。

 


f:id:haru5200:20181216170004j:image

嬉しいことに先住民の女性が興味をもってくれた。

 

 

トレランを始めて4年間で変わったこと。前を走る選手が変わる喜び。

 


f:id:haru5200:20181213201221j:image
トレランには夢がある。

 

スポーツは、対人、対自分、対自然など様々なものと戦う。

 

一般的に
個人(陸上)、集団(駅伝)
個人球技(テニス)、集団球技野球等は、決められたルールの中、決められた規格のフィールドの中で戦う。

 

対人、対自分の戦いの要素が強いスポーツだ。

 

トレランは違う。

 

対人、対自分、対自然となるのだ。

 

+された対自然とは!?

 

山の上り、下り、雪、雨、岩、木、葉、気温、風、等の様々な環境変化と戦うことである。

 

この対自然が+されただけで、フルマラソン4時間45分の私が、2時間45分の選手と互角に戦うことができてしまう素晴らしいスポーツなのだ。

 

これは『中学生の野球少年が、甲子園球児にある条件を+しただけで互角に戦ってしまうようなもの』と言っても過言ではないだろう。

 

最近走ったみたけ山トレイルランを例に、練習を重ねることでどれだけ成果が出るスポーツか紹介したい。


f:id:haru5200:20181213201316j:image

距離は11キロの山を走る。

 

トレランを始めた4年前は1時間25分51秒だった。

 

今では1時間19分58秒になった。

 

約6分タイムを縮めることができている。

 

 


f:id:haru5200:20181213201354j:image

これをロードの11キロで比較してみる。

 

4年前は44分位(1㌔4分)で走っていた。

 

現在は42分位(1㌔3分50秒)だ。

 

縮めたとしても2分ほどだ。

 

 

 

同じ距離でも+自然が入ることによって伸び率が全然違う。

 

本当におもしろい(笑)

 

 


f:id:haru5200:20181213201659j:image

ラソンはタイムを縮めれば、縮めるほど追い込み方の強度が増す。

 

日々の生活は苦しくなる。

 

だが、レースで見える景色、競う人が変化する幸福が勝る。

 

トレイルランのレースに毎月のように出ていると、走っている最中に戦う相手は年々変わってくる。


たぶんここ4年間で競技レベルの向上により、レースで周りを走るランナーは素人→スポンサー契約選手に変わりつつある。言いすぎかも(笑)

 


f:id:haru5200:20181213201804j:image

この『ただ山を走る』ということなのだが、走力が増すことで、

周りを走る選手が変わる。

ゴール後に話す内容が変わる。


上に行こうとする気持ちが上がる。

 

という好循環が発生する。

 

 


f:id:haru5200:20181213201446j:image

余談だが、こんな方と話をする。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
山を走るために生きる。

そんな方との出会いがった。

山を身近な存在にするために、高尾に引っ越す。

朝山に行く。走ってから仕事をする。

フリーランサーとしてライターの仕事しながら最低限の生活で、山を走る。

月間走行距離は500キロを超えるという。

そして、毎週レースに出る。

レースが一番集中できるとはいえ、すごい。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

社会人になってもこんな人との出会いがあり、こんな気持ちでスポーツができていることをは幸せだ。

 

 

しかも、このトレランという競技の世界のトップ選手は50歳以上だったりする。

 

 

なんて夢があるんだ。

 

 

生涯現役も夢ではなく、一生競技力を向上することもできるのではないだろうか。

 


f:id:haru5200:20181213201516j:image

ちなみに、今回のみたけ山トレイルランで約30秒ほど先にゴールした選手は50歳代であり、『スポルティバ』という山メーカーの契約選手であった。

 

20歳差があるとはいえ、有名な選手との攻防。

 

常に前を狙い。捉え。プレスされ。それの繰り返し。

 

レース中の目標は対『人』が最適である。

 

対人スポーツをしてきたので、前に『目標』となる人がいると、いつも以上の力が出せる。

 

プロの選手とかだとなおさらだ。

 

対『自分』だと『脳内』で色々と考えてしまい、目標が曖昧かつぶれがちだ。

 

だが、前の人という『視覚』で目標が示されるので、『視覚的に優位』な私にとって最適な目標設定なのである。

 

幸せな時間であった。