『苦』


f:id:haru5200:20180416214600j:image
 

試合中に坂を走って登ることは
つらいが、周りよりも多少速く
走れるからそちらの状況を好む。

 

 

下り坂や平地は周りの方が速いので、速く終わればいいとさえ思う。

 

 

自分の得意な時間は耐えられるが、苦手なことは逃げたくなる。

 

 

『得意なことを一つでも持つと良い』とよく言われるが、その瞬間がかけがえのないものになるからなのかもしれない。

 


このように基本山を走るということなのだが、様々な状況下で自分の思考は揺れ動かされる。

 


登り坂、平地、下り坂のような地形の変化にごく小さな『苦』の変化が現れる。

 


心理的な『苦』に全思考が集中されると、日頃余計なことばかり考えているなと改めて思う。

 


『苦』に焦点が当てられている時間からゴールし、開放された瞬間!

 

日々の生活で蓄積された余計な考えが、なくなっていることに気づく。

 

『楽』になるために『苦』をとことん味合うこともありだと思う。

 

ぞうに吸い込まれた。こどもの国はヤバい!




f:id:haru5200:20180415202049j:image

ここはどこですか?

 


f:id:haru5200:20180415202132j:image

私も娘も人生初の『こどもの国』です!

 


f:id:haru5200:20180415202149j:image

妻はそろそろ第二子を生みそうですが、力をふりしぼって遊びます。

 


f:id:haru5200:20180415202211j:image

早速、鯉のぼりを追いかけます。


f:id:haru5200:20180415202235j:image

果てしなく広がる芝を疾走!

 


f:id:haru5200:20180415202252j:image

これは!なんて遊具が充実しているんだ!

 


f:id:haru5200:20180415202313j:image

滑り台①は以外に酔います。


f:id:haru5200:20180415202352j:image

迷宮兄弟!!ここも酔います。


f:id:haru5200:20180415202332j:image

ついてこれるかな⁉この穴をすり抜けるとは…

 


f:id:haru5200:20180415202424j:image

なかなかアクティブな滑り台②!お尻に異変が生じます。


f:id:haru5200:20180415202848j:image

全長110m!!滑り台③はお尻へのダメージが否めない。


f:id:haru5200:20180415202443j:image

花道!


f:id:haru5200:20180415202500j:image

滑り台④はリスク高すぎる…


f:id:haru5200:20180415202518j:image

これは!まだ早いかな。


f:id:haru5200:20180415202537j:image

とりあえず、椿の木の下が落ち着くようだ。


f:id:haru5200:20180415202630j:image

リアルゴールドでリアルチャージ完了!


f:id:haru5200:20180415202614j:image

この場所がハマったようで、長期滞在。何が楽しいのか…ゆらゆら乗り降り約20回以上…


f:id:haru5200:20180415202646j:image

お!アズールリング発見!


f:id:haru5200:20180415202708j:image

牧場もあります。


f:id:haru5200:20180415202739j:image

アイスクリームの誘惑に誘われて、、、


f:id:haru5200:20180415202756j:image

爆食い!

 
f:id:haru5200:20180415202811j:image

大いにはしゃぐ子どもたちを仁王立ちで眺める娘。


f:id:haru5200:20180415202831j:image

ご満悦のようです。謎でした。

 

 

人生初の『こどもの国』は、防空壕らしきものが気になって気になってしょうがない。

 

不思議な気配を常に感じてしまう。

 

それもまた、新鮮な体験で刺激的な休日でした。

 

 

テントウムシもどきはなんでこんなにいるんだろう?




f:id:haru5200:20180414142929j:image

 春になりましたね!

 

今年は園芸の授業がもてなかったので、家で土をいじることがより大切な時間になっております。


f:id:haru5200:20180414143003j:image

本題です。テントウムシもどきがじゃがいもにウヨウヨいます!

 

放っておくと、葉っぱを食べてしまうので週一で捕獲しております。


f:id:haru5200:20180414143020j:image

今日はこんなとれました(笑)

 


f:id:haru5200:20180414143121j:image

ついでに、追肥をします!

 


f:id:haru5200:20180414143131j:image

じゃがいもは種芋を植えてから、こんな感じで苗が成長してきます。

 


f:id:haru5200:20180414143147j:image

ある程度の大きさになったら、『土寄せ』を行います。 

 


f:id:haru5200:20180414150344j:image

 

じゃがいもはこのように『茎』から出てくるので、土寄せが重要です。


f:id:haru5200:20180414143213j:image

なかなかおもしろいです!

 

 

学校の畑は手を出せなくなってしまいましたが、野菜たちは一ヶ月でかなり大きくなりました。

 

 
f:id:haru5200:20180414150758j:image

3月ラディッシュ

 

 


f:id:haru5200:20180414143249j:image

4月ラディッシュ

 

 


f:id:haru5200:20180414150841j:image

3月カブ

 



f:id:haru5200:20180414143317j:image

 4月カブ


f:id:haru5200:20180414151028j:image

3月ミズナ

 

 


f:id:haru5200:20180414143342j:image

 4月ミズナ



f:id:haru5200:20180414150933j:image

3月シュンギク



f:id:haru5200:20180414143427j:image

 

4月シュンギク


f:id:haru5200:20180414143455j:image

 

自然は偉大です。

 

 

 

 

『私の夢は春になって小さい草をむしることだ。』


f:id:haru5200:20180330121021j:image

キャベツが少し収穫できました!

 


f:id:haru5200:20180330121041j:image

最近畑に行ってなかったので、友と様子を見に行くと…荒れている(笑)


f:id:haru5200:20180330121055j:image

この一週間でこまめに手入れをしたら、全体的に土が見えてきました。

 


f:id:haru5200:20180330121120j:image

1月にじゃがいもを植えたとき。


f:id:haru5200:20180330121137j:image

今日の様子。だいぶ芽が出てきてます!


f:id:haru5200:20180330121212j:image

芽が多すぎると成長があまりよろしくないので、約5本の芽→約3本の芽に間引きしました。

 


f:id:haru5200:20180330121231j:image

全部でこの位取れました。


f:id:haru5200:20180330121300j:image

捨てるのはかわいそうなので、空いている畝に植えました!

 
f:id:haru5200:20180330121344j:image

冬前のにんにく。


f:id:haru5200:20180330121416j:image

今日の様子。だいぶ太くなってきました!

 


f:id:haru5200:20180330121444j:image

あとは、ひたすら雑草抜きをします。

 


f:id:haru5200:20180330121502j:image

歩行する道に、ヒメジオン、ハルジオンがわんさかいますので、抜きます!

 

 
f:id:haru5200:20180330121558j:image

畑の管理をしていたら、以前からやりたかった事がしたくなってきました!

 

日本海から太平洋まで、北アルプス中央アルプスを経由して、南アルプスへと続く道415Kmを8日以内に己の足で踏破する。

 

今年の夏!個人的に挑戦します!


f:id:haru5200:20180330121616j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

走らないという選択。無理をすることが正しいと思っていた。


f:id:haru5200:20180219205626j:image
 

昨日は青梅マラソン当日!

 
f:id:haru5200:20180219205641j:image

しっかりと準備してきたが、金曜日に履きなれない靴で走り、かかとに水ぶくれを作ってしまった。

 

これが致命傷で、歩くことすらままならない。

 

無理して走ることもできるが、水ぶくれをかばい、他の場所も痛くなる。

 

 

 

『やめる』という選択肢に、とても罪悪感を感じてしまう。

 

好きでやっていることなので、自分で判断するのは当たり前。

 

痛みを耐えること、嫌いだけどやることを今までやりすぎてきたことで、自分の中でそれが正義になってしまっている。

 

正常な判断ができない。

 

走るのをやめたことで、別に誰も被害を受けるわけではないが、自分が許せない。

 

これは『ちょっと頑張りすぎじゃない、ここらで一休みしましょう』というお告げなのかもしれない。今回はこう思うことにした。

 

走ることがなくてはならないものになっている。

 

何かにとりつかれたように、ひとつのものにこだわりだすと周りが見えなくなる。

 

客観的な判断ができなくなる。

 

 

同じ失敗を繰り返さないように気をつけよう。

 

趣味に没頭することも良いことだけど、もっと他にやることがあるのではないか?と思いはじめた。

 

今まで調子良く進んできたこが、ケガをすることで、新たな発想が生まれる。

 

これは家庭や仕事場でも同じようなことが起こる。

 

何かが起きた後に気づくということは多々ある。

 

同じことの繰り返される毎日に、異変が生じることで、日々の生活に疑問を感じる。

 

この疑問に敏感に反応し、考えを深めていくことで、楽しくなってくる。

 

今回はこんなことがでてきた。

 

ロードでスピードを高めていくのも良い。それはトレランで表彰されたいから。

 

しかし、そのお陰で日常が苦しくなるのなら、楽しめることに切り替えた方が良いのでは?! 

 

山をゆっくり長い距離走るとか。テニスとか。

 

数字ばかり追いかけていると、疲弊してしまい、生活に潜んでいる大切なことを逃してしまう気がする。

 

ゆっくりいこう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界らん展デビュー!学校で育てたらんを出展してきました!



f:id:haru5200:20180217140928j:image

 

 

学校で育てた『らん』を世界らん展に出典しました!

 


f:id:haru5200:20180217095931j:imagef:id:haru5200:20180217095952j:image

まずは東京ドームの会場まで、らんをダンボールに大切に入れて運びます。

 


f:id:haru5200:20180217100109j:image

会場に到着したら、関係者入口より入場します。テンションあがります!


f:id:haru5200:20180217100309j:image

展示出展者は一般のお客様が入場する前に、入れるという特権があります。このチャンスを存分に活かして、らんを見学させていただきました。


f:id:haru5200:20180217100604j:image

このように誰もいないんです!最高です!


f:id:haru5200:20180217133758j:image
f:id:haru5200:20180217134008j:image

 人が入るとこんな感じです。

 
f:id:haru5200:20180217100838j:image

各ブースでは最後の管理が行われていて、皆さん嬉々とした表情でらんのお世話をしていたのが印象的でした。

 


f:id:haru5200:20180217091216j:image

 

さて本題に入りたいと思います!

 

今回本校からは『らんを育てよう』という企画での出展です。

 

多摩桜の丘学園ではⅠ部門小学部が中心となって昨年の10月頃から、らんを育てていました。

 
f:id:haru5200:20180217141308j:image

その一部をⅡ部門高等部1年4組でも育てていて、今回共同で出展させていただきました。


f:id:haru5200:20180217091342j:image

 

出展ブースには全国の学校で育てたらんが飾られていました。

 

らんを育てることは非常に難しく、温度管理や日当たりと生育環境にとても気を遣う植物です。また、2月17日(土)からはじまるラン展に合わせて、花を咲かせることも難しいことです。

 

そんならんを学校の限られた環境の中で育てられたことは、とても良い経験だったと思います。

 

ちなみに特別支援学校からの出展は多摩桜の丘学園のみでした!!


f:id:haru5200:20180217092433j:imagef:id:haru5200:20180217092441j:imagef:id:haru5200:20180217092452j:image

どの学校も模造紙に観察記録や育てた感想を掲載したり、らんが咲いたときの写真や絵を掲示していました。


f:id:haru5200:20180217092805j:image

今回Ⅱ部門高等部の出展はらん1鉢だったので、来年は園芸班が主体となって数多くのらんを育てられたら良いですね。


f:id:haru5200:20180217094202j:image

ちなみに今回育てたものは、らんの中でも『カトレア』という種類です。

購入すると一鉢1万円以上もするものもあり、とても高価なものです。これからも大切に育てていきたいです。

 


f:id:haru5200:20180217094555j:image

カトレアのお花畑です!


f:id:haru5200:20180217094952j:image

世界らん展の会場の雰囲気もお伝えしたいと思います。


f:id:haru5200:20180217095103j:image f:id:haru5200:20180217095130j:imagef:id:haru5200:20180217095228j:imagef:id:haru5200:20180217095253j:image

東京ドーム内がらんで埋め尽くされていました。

 

f:id:haru5200:20180217101757j:image

2018年 日本大賞のらん!

 


f:id:haru5200:20180217102039j:image

余談ですが、今回の世界らん展で日本大賞という賞を獲得すると、賞金200万円+ベンツが貰えるそうです!

 

すさまじい…



 

 

 

 

 

 

 

 



 

 

じゃがいもを植えよう!春には1000個のじゃがいもがとれるかも!



f:id:haru5200:20180211182015j:image

今日は藤野さんが2回目の来園をしてくれました。

 

ちなみに専門はテニスの方です。

 

農業に対するモチベーションが高いので、一緒に作業するとあっという間に時間が過ぎていきます。

 

 


f:id:haru5200:20180211182219j:image

今回はじゃがいもを植えます!

 


f:id:haru5200:20180211182237j:image

久しぶりに畑へ行くと、キャベツがそこそこ育っていました。

 


f:id:haru5200:20180211182314j:image

まずは手で畑を耕していきます!

 

クワを繰り返し、土にさしていく反復動作は身体を動かす楽しさを実感させてくれます。

 

ただがむしゃらにクワを振りかざすだけでは腕が疲れてしまいます。

 

野球やテニスと同じで、身体全体を使うのがコツです。

 

特に股関節の使い方が重要で、効率良く耕すためにはどうしたら良いか?!とかを考えながら2人で作業してました!

 

だいぶ変態かもしれません(笑)

 

 


f:id:haru5200:20180211183145j:image

2人の熱とは裏腹に、案外雪が溶けていませんね(笑)

 


f:id:haru5200:20180211183156j:image

私も高速でクワを操ります!

 


f:id:haru5200:20180211182347j:image

 

畑も良い感じになったので、早速じゃがいもを3当分に切ります。

 


f:id:haru5200:20180211182410j:image

切り口に謎の粉をまぶします。石灰でも代用可能です。


f:id:haru5200:20180211182430j:image

こんなまぶしましま(笑)

 


f:id:haru5200:20180211182449j:image

1畝に10個ぐらいの種芋を30㌢間隔で置いていきます。

 

全部で10畝に定植しました!

 

収穫するのが楽しみです!

 


f:id:haru5200:20180211182519j:image

 

畑で騒いでいたら、ミツバチも目を覚ましたようです。春がもうすぐそこまで来ていますね。

 
f:id:haru5200:20180211182536j:image

before 


f:id:haru5200:20180211182608j:image

 

 after