解脱する。鼻血が出るってすばらい。

 


f:id:haru5200:20180708180349j:image

今日は越生トレラン。

 

最近仕事もプライベートも追い込まれることが多く、走る気力を失っている時期でのこの大会。


f:id:haru5200:20180708180443j:image

目標は…解脱すること。

 
f:id:haru5200:20180708180640j:image

そんなことはともかくレースははじまった。

 
f:id:haru5200:20180708180916j:image

はじめは走ることを怠っていたので苦しい→虫を吸い込む→気管にひっかかる→ゼーハーなるとテンテコマイ。

 

序盤に試練を与えてくれたことで、すぐに走りに向き合うことができ、ハイ状態にすぐに入る。


f:id:haru5200:20180708180552j:image

えげつない坂では10人ごぼう抜きすることができ、悦に入る。

 


f:id:haru5200:20180708180613j:image

 

その後、緩やかな登りをのらりくらりと過ごす。


f:id:haru5200:20180708180658j:image

遂に下りが来た!予想以上に足の回りがよく、脚に合ったちょうどいい下り坂で気持ちよさ倍増。


f:id:haru5200:20180708180716j:image

楽しい下りで、調子に乗り過ぎたので、『鼻血を出す』

 

小さい頃から没頭することで、よく鼻血を出していた私にとってこのサインは喜ぶべきことだ。

 

小さな登り坂で脚が上がらなくなる。

 

しまいには、右内腿がつり始める。

 

あまりよろしくない兆候が見え始めたが、5分位で復活。


f:id:haru5200:20180708180753j:image

最後はダウンも含む、楽なロードをひたすら下りゴールした。

 


f:id:haru5200:20180708181457j:image

ゴール後はかき氷4杯。炭酸1リットルを体内に入れる。

 


f:id:haru5200:20180708180819j:image

川でアイシング。

 

 
f:id:haru5200:20180708180941j:image


f:id:haru5200:20180708180953j:image

川魚+山菜そば

 


f:id:haru5200:20180708181017j:image

充電完了!

 

タイムや順位にこだわり過ぎて、レースが楽しいものでなくなっていた。

 

そんな中で、苦しまず『快』を優先したことで、いつもとは違う心情でゴールできた。

 

いつもは。
何かが足りない。あとすこしだったのに。悔しい。

この気持ちがないと成長はしないかもしれないが、つまらない。

 

今日は。
良かった〜。痛みや苦しみなくゴールできた。またやろう。

こんな気持ちで続けてればそのうち結果は出るだろう。

 

ただの趣味なのに、『この大会までにはこれだけ走っておきたい』みたいなへんなこだわりを持っていた。

 

ただの家庭なのに、『こうあるべきだ』とこだわる。

 

ただの畑なのに、『商品のような野菜を作りたい』と手間をかけるこだわり。

 

様々なこだわりによって、自分を苦しめ、できない自分に苛立ちを覚える。なんて哀れな人間なんだ。

 

こだわりを無くそう!

 

 

じゃがいも最終章!ありがとうじゃがいも!


f:id:haru5200:20180701205228j:image
友人が現れた。


f:id:haru5200:20180701205258j:image

いつものように収穫


f:id:haru5200:20180701205332j:image

その後、サクレマンゴーを食す。


f:id:haru5200:20180701205345j:image

じゃがいもをシンプルにマヨネーズとしょうゆで。
ニンニクをシンプルに焼く。


f:id:haru5200:20180701205359j:image

庭にタープを張ってみる。日陰ができて、そこに人が集う。

 


f:id:haru5200:20180701205442j:image

縁側でビールを飲みながら、素材本来の味を存分に味わう。

 


休日はこれができれば大満足。

 

 


f:id:haru5200:20180701205515j:image

子どもは水があれば大満足。

 


f:id:haru5200:20180701205548j:image

もう夏ですね。

 


じゃがいもによって色んな人が家に来てくれた。

 


野菜があることによって『収穫+食す』というイベントが発生する。

 


自分が育てた野菜によって人が喜んでくれることが嬉しい。

 

 

○家族だけの休日→◎友人がいる休日という価値観が定着しつつある。

 

次は夏野菜です!

子どもが楽しめる畑をやろう!!


f:id:haru5200:20180617175505j:image
今日は高校の部活動の先輩が畑に来ました。


f:id:haru5200:20180617175600j:image

3姉妹という、大家族での来訪です。

 
f:id:haru5200:20180617175646j:image

はじめてのじゃがいもほりだったようで、とても楽しそうです。


f:id:haru5200:20180617175702j:image

2歳から畑を楽しめることが、証明された瞬間です。



f:id:haru5200:20180617183700j:image

色んな虫もたくさんいますが、以外とガツガツ捕獲してました。


f:id:haru5200:20180617175736j:image

ニンニクはぬきごたえあり。


f:id:haru5200:20180617175803j:image

玉ねぎを収穫するころから、我が娘も参戦しだしました。

 
f:id:haru5200:20180617175840j:image

我が娘は今まで畑に来てもすぐに退散していました。


f:id:haru5200:20180617175912j:image

今回も最初は機嫌を損ねて帰ってしまいましたが、戻ってきました。

 

同年代がいることでやる気がでたのでしょう。

 


f:id:haru5200:20180617180004j:image

一輪車に収穫物を積んで。

 
f:id:haru5200:20180617180958j:image

運びます。



f:id:haru5200:20180617181057j:image

帰路。

 
f:id:haru5200:20180617181043j:image

寄り道して。

 
f:id:haru5200:20180617180903j:image

ダンボールへ満タンにつめます。


f:id:haru5200:20180617181205j:image

 一休みして。


f:id:haru5200:20180617181219j:image

お別れの挨拶。

 

今までは私が楽しんだり、気分転換の場として活躍していた畑。

 

今回は子どもが楽しむことができ、活用の幅が広がった。

 

また、自分だけでなく周りの人に『おすそ分け』をすることで、色んなプラスの作用が働いたと思う。

 

今までは、一人で収穫して→家族で食す。だと畑の恩恵に預かることができるのは我が家の4人だ。

 

今回は、大人数(今回は8人)で収穫して→各家庭で食す(2家族 約11人)。

 

人を巻き込んで、色んな人に楽しんでもらえたほうが農作業のやりがいがある。

 

また、将来何か【農】のイベントをやりたいという目標もあるので、それに近づく一歩を踏み出せた気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じゃがいも祭り!30歳でもクワを1400回スイングすることはできる。

 


f:id:haru5200:20180602142204j:image

夏野菜の苗がホームセンターでたくさん売られていますね。

 

そういえば、家の畑まだ空いてるスペースあったな。

 

耕そう!

 



f:id:haru5200:20180602133853j:image

 

最初はこんな感じで、ハルジオンがわんさか生えています。

 

隣の畑の人に『草刈り機かしてくださ〜い』と軽くお願いすると、軽く断られました(汗)

 

都会の怖さを思い知った瞬間です。

 

しょうがないので、切り替えて『手』で引っこ抜いていきます。

 

 


f:id:haru5200:20180602134317j:image

 

面積としてはバドミントンコート1面分ぐらいですが、本気を出して30分で抜き終わりました。

 

次に草を回収して、土を耕していきます。

 

例のごとく、また近所の人に『耕運機貸してくださ〜い』とお願いすると、断られました。

 

都会の怖さを一日に2回も体験するとは思わなかった(汗)

 

仕方ないので、『クワ』でガシガシいきます!

 

 


f:id:haru5200:20180602135220j:image

1畝200回クワをスイングします。

 

7畝耕したので、約1400回スイングしたことになる。

 

小学生の頃バットの素振りを毎日300回していたことが、こんな所で活かされるとは…

 


f:id:haru5200:20180602135152j:image

お陰で久しぶりの手にマメをつくることができました。

 

 

 

 
f:id:haru5200:20180602140135j:image

ビフォー


f:id:haru5200:20180602135255j:image

アフター

 

 

約2時間無心で草を抜き!クワをスイングしたことによる成果です。

 

 

機械によって体力を消耗せずに、効率的に農作業をすることもできる。

 

 

今回私が行った農作業は原始的で、とても体力を消耗するが、作業後の爽快感や達成感は高い気がした。

 

 

日々の生活の中に、『農業』というトレーニングを上手く組み込み、『農作業』が楽しくなるような考え方を深めていきたいと感じた。 

 

 

 

『いかに体力を消耗せずに、効率的に日々暮らすか』に重きを置いた現代。

 

今日の農作業のように、日々の生活の中でも、電車に乗らず片道15キロを走って通勤する非効率的な生き方を選択している私。

 

 

非効率的な生活を送ることで、一日生きることに必死になり、そこから得られる何かがあると思う。

 

 

 

 


f:id:haru5200:20180602135511j:image

あとじゃがいも採れています!

 


f:id:haru5200:20180602135543j:image

 

3畝で、こんな採れました。まだ9畝残っています!じゃがいも掘りに来てください!

 

 

食べきれません(笑)

 

 
f:id:haru5200:20180602142324j:image

あとニンニクもわんさかあります。

 

 

 

6月17日(日)23日(土)空いてますので、じゃがいも掘り、ニンニク刈りに来てくださる方は連絡ください!


f:id:haru5200:20180602200854j:image

 

一週間で100キロ走る。ランニング中毒なGW



f:id:haru5200:20180506123144j:image

  • 道志サイクリング+テント28、29日
  • 多摩川ロード30日 12km
  • 道志トレイル2日 20km
  • 武蔵五日市ー日の出(金毘羅尾根)3日 20km
  • 多摩川ロード5日 25km
  • 聖蹟桜ヶ丘階段6日 15km

 


f:id:haru5200:20180428194802j:image

道志サイクリング+テント


f:id:haru5200:20180428195023j:image

 チューブ+タイヤ交換もしました。


f:id:haru5200:20180428195049j:image

 道志の田園風景好きです。


f:id:haru5200:20180428195050j:image

道の駅は混んでます。


f:id:haru5200:20180428195127j:image

 河口湖に行こうと思っていましたが、諦めました。


f:id:haru5200:20180428195126j:image

 


f:id:haru5200:20180428195211j:image

 


f:id:haru5200:20180428195210j:image
良いお好み焼き屋に出会ってしまいました。

f:id:haru5200:20180428195422j:image

道志の夜を満喫。


f:id:haru5200:20180506112816j:image

道志にハマってしまい、一日の勤務を終えて、 道志の山へまた来てしまいました。

 

f:id:haru5200:20180506112834j:image

 そして次の日も山へ…金毘羅尾根。


f:id:haru5200:20180506112911j:image

家族とも 暗闇まつりに行きました。


f:id:haru5200:20180506112927j:image

お店の方に勧められ、 古本購入。


f:id:haru5200:20180506112937j:image


f:id:haru5200:20180506113002j:image

 八百屋で良いものも買いました。


f:id:haru5200:20180506113103j:image

早速遊びます! どうぞ!

 


f:id:haru5200:20180506113115j:image

バイトリーダーがよくこぼしていました。


f:id:haru5200:20180506113127j:image

バイトリーダーはご機嫌。

 


f:id:haru5200:20180506113143j:imagef:id:haru5200:20180506113204j:image

一日空けて、ふらっと多摩川を25km

 


f:id:haru5200:20180506122650j:image

最終日は集団で階段を走る。

 

多摩川ロード 30日 12km
道志トレイル 2日 20km
武蔵五日市ー日の出(金毘羅尾根)3日 20km
多摩川ロード 5日 25km
聖蹟桜ヶ丘階段 6日 15km

 

総距離 92km

 

一週間で、ランニング貯金をだいぶすることができました。

 

 

日頃の通勤ランの成果なのか!?

 

 

長い距離を頻繁に走ってもあまり筋疲労を起こさない身体になってきました。

 

 

 



 

『苦』


f:id:haru5200:20180416214600j:image
 

試合中に坂を走って登ることは
つらいが、周りよりも多少速く
走れるからそちらの状況を好む。

 

 

下り坂や平地は周りの方が速いので、速く終わればいいとさえ思う。

 

 

自分の得意な時間は耐えられるが、苦手なことは逃げたくなる。

 

 

『得意なことを一つでも持つと良い』とよく言われるが、その瞬間がかけがえのないものになるからなのかもしれない。

 


このように基本山を走るということなのだが、様々な状況下で自分の思考は揺れ動かされる。

 


登り坂、平地、下り坂のような地形の変化にごく小さな『苦』の変化が現れる。

 


心理的な『苦』に全思考が集中されると、日頃余計なことばかり考えているなと改めて思う。

 


『苦』に焦点が当てられている時間からゴールし、開放された瞬間!

 

日々の生活で蓄積された余計な考えが、なくなっていることに気づく。

 

『楽』になるために『苦』をとことん味合うこともありだと思う。

 

ぞうに吸い込まれた。こどもの国はヤバい!




f:id:haru5200:20180415202049j:image

ここはどこですか?

 


f:id:haru5200:20180415202132j:image

私も娘も人生初の『こどもの国』です!

 


f:id:haru5200:20180415202149j:image

妻はそろそろ第二子を生みそうですが、力をふりしぼって遊びます。

 


f:id:haru5200:20180415202211j:image

早速、鯉のぼりを追いかけます。


f:id:haru5200:20180415202235j:image

果てしなく広がる芝を疾走!

 


f:id:haru5200:20180415202252j:image

これは!なんて遊具が充実しているんだ!

 


f:id:haru5200:20180415202313j:image

滑り台①は以外に酔います。


f:id:haru5200:20180415202352j:image

迷宮兄弟!!ここも酔います。


f:id:haru5200:20180415202332j:image

ついてこれるかな⁉この穴をすり抜けるとは…

 


f:id:haru5200:20180415202424j:image

なかなかアクティブな滑り台②!お尻に異変が生じます。


f:id:haru5200:20180415202848j:image

全長110m!!滑り台③はお尻へのダメージが否めない。


f:id:haru5200:20180415202443j:image

花道!


f:id:haru5200:20180415202500j:image

滑り台④はリスク高すぎる…


f:id:haru5200:20180415202518j:image

これは!まだ早いかな。


f:id:haru5200:20180415202537j:image

とりあえず、椿の木の下が落ち着くようだ。


f:id:haru5200:20180415202630j:image

リアルゴールドでリアルチャージ完了!


f:id:haru5200:20180415202614j:image

この場所がハマったようで、長期滞在。何が楽しいのか…ゆらゆら乗り降り約20回以上…


f:id:haru5200:20180415202646j:image

お!アズールリング発見!


f:id:haru5200:20180415202708j:image

牧場もあります。


f:id:haru5200:20180415202739j:image

アイスクリームの誘惑に誘われて、、、


f:id:haru5200:20180415202756j:image

爆食い!

 
f:id:haru5200:20180415202811j:image

大いにはしゃぐ子どもたちを仁王立ちで眺める娘。


f:id:haru5200:20180415202831j:image

ご満悦のようです。謎でした。

 

 

人生初の『こどもの国』は、防空壕らしきものが気になって気になってしょうがない。

 

不思議な気配を常に感じてしまう。

 

それもまた、新鮮な体験で刺激的な休日でした。