京王駅伝はコスパが高い!駅伝をすすめる3つの理由!


f:id:haru5200:20171112190217j:image

 

京王駅伝に出場しました。

 


f:id:haru5200:20171112190752j:image

 

20キロを1人5キロ走り、4人でタスキをつないでいくレース。

 


f:id:haru5200:20171112190354j:image
f:id:haru5200:20171112190411j:image

 オススメポイント①

参加費は1チーム6000円で、一人1500円!

参加賞はバナナとタオルとドリンク!だいぶお得です!

 

 
f:id:haru5200:20171112190629j:image

オススメポイント②

ランニング初心者の方もみんなでワイワイできる。

 

 

オススメポイント③
長い距離ばかり走り、練習がマンネリ化している方には短い距離をスピードを出して追い込むことは非常に良い刺激になります。

 

 

レースは最近長い距離の山のレースやトライアスロンしか出ていなかったので、短いロードは久しぶり。

 

 

5キロを早いペースで走るのはめちゃくちゃきついです。

 

 

より多くの酸素を摂ろうと、肺が痛くなる感じが久しぶりでした。

 


f:id:haru5200:20171112195120j:image

 

チームの成績は1:28:14で、約300チーム中75位でした!なかなかいい感じです!

 

 

第一走者 川村 18分 (5キロ)

第二走者 島田 25分 (5キロ)

第三走者 加藤 25分 (5キロ)

第四走者 金井 20分 (5キロ)

 

 

 金井はこんな感じで走りました。

 


f:id:haru5200:20171112190844j:image

最初の1㌔は飛ばし気味。(キロ3:53)

 

 
f:id:haru5200:20171112190843j:image


f:id:haru5200:20171112191303j:image


f:id:haru5200:20171112190946j:image


1〜4㌔はもう少し追い込めたかな。(キロ4:08〜4:17)

 

 
f:id:haru5200:20171112190953j:image

4㌔〜のラスト1㌔はラストスパート!(キロ4:00)

 

 

最後の100mは全力で走り抜けました。

 

最後に力を振り絞れたのは良かったです。

 

終わってからは思わず、膝を地面についてしまいました。

 

 
f:id:haru5200:20171112191009j:image

5000m20分15秒(キロ4:06)というタイムでしたが、トレランやトライアスロンよりきついと感じました。

 

 
f:id:haru5200:20171112191648j:image

この感覚かなりはまりそうです。


f:id:haru5200:20171112191647j:image