走らないという選択。無理をすることが正しいと思っていた。


f:id:haru5200:20180219205626j:image
 

昨日は青梅マラソン当日!

 
f:id:haru5200:20180219205641j:image

しっかりと準備してきたが、金曜日に履きなれない靴で走り、かかとに水ぶくれを作ってしまった。

 

これが致命傷で、歩くことすらままならない。

 

無理して走ることもできるが、水ぶくれをかばい、他の場所も痛くなる。

 

 

 

『やめる』という選択肢に、とても罪悪感を感じてしまう。

 

好きでやっていることなので、自分で判断するのは当たり前。

 

痛みを耐えること、嫌いだけどやることを今までやりすぎてきたことで、自分の中でそれが正義になってしまっている。

 

正常な判断ができない。

 

走るのをやめたことで、別に誰も被害を受けるわけではないが、自分が許せない。

 

これは『ちょっと頑張りすぎじゃない、ここらで一休みしましょう』というお告げなのかもしれない。今回はこう思うことにした。

 

走ることがなくてはならないものになっている。

 

何かにとりつかれたように、ひとつのものにこだわりだすと周りが見えなくなる。

 

客観的な判断ができなくなる。

 

 

同じ失敗を繰り返さないように気をつけよう。

 

趣味に没頭することも良いことだけど、もっと他にやることがあるのではないか?と思いはじめた。

 

今まで調子良く進んできたこが、ケガをすることで、新たな発想が生まれる。

 

これは家庭や仕事場でも同じようなことが起こる。

 

何かが起きた後に気づくということは多々ある。

 

同じことの繰り返される毎日に、異変が生じることで、日々の生活に疑問を感じる。

 

この疑問に敏感に反応し、考えを深めていくことで、楽しくなってくる。

 

今回はこんなことがでてきた。

 

ロードでスピードを高めていくのも良い。それはトレランで表彰されたいから。

 

しかし、そのお陰で日常が苦しくなるのなら、楽しめることに切り替えた方が良いのでは?! 

 

山をゆっくり長い距離走るとか。テニスとか。

 

数字ばかり追いかけていると、疲弊してしまい、生活に潜んでいる大切なことを逃してしまう気がする。

 

ゆっくりいこう。