『苦』


f:id:haru5200:20180416214600j:image
 

試合中に坂を走って登ることは
つらいが、周りよりも多少速く
走れるからそちらの状況を好む。

 

 

下り坂や平地は周りの方が速いので、速く終わればいいとさえ思う。

 

 

自分の得意な時間は耐えられるが、苦手なことは逃げたくなる。

 

 

『得意なことを一つでも持つと良い』とよく言われるが、その瞬間がかけがえのないものになるからなのかもしれない。

 


このように基本山を走るということなのだが、様々な状況下で自分の思考は揺れ動かされる。

 


登り坂、平地、下り坂のような地形の変化にごく小さな『苦』の変化が現れる。

 


心理的な『苦』に全思考が集中されると、日頃余計なことばかり考えているなと改めて思う。

 


『苦』に焦点が当てられている時間からゴールし、開放された瞬間!

 

日々の生活で蓄積された余計な考えが、なくなっていることに気づく。

 

『楽』になるために『苦』をとことん味合うこともありだと思う。