『達成感』という欲求の虜に!上州武尊スカイビュートレイル 75km

 
f:id:haru5200:20180924090626j:image

今回は75キロ(約12時間42分49秒)とロングレースであった。

 
f:id:haru5200:20180924091039j:image

今までは10〜30キロ(1〜3時間)でゴールできるショートのレースをメインに出場していた。

 
f:id:haru5200:20180924091021j:image

短い距離を速く走ることも楽しいのだが、山を走っていると長いレースに出る人の話を聞くことが多く、挑戦してみたくなっていった。

 
f:id:haru5200:20180924090656j:image

ロングのレースは
①ゆっくりとしたレース展開。

②栄養補給が肝。

③身体に負荷のかからない走り。

④ナイトランの習得。

こんな感じのことが特徴としてある。

 
f:id:haru5200:20180924090726j:image

①ゆっくりとしたレース展開。
スタートからダッシュしたりするのでなく、心拍も高めることなく走れる。

歩みを止めずに、自分のペースを刻むことが鍵となる。

 

 


f:id:haru5200:20180924090740j:image

②栄養補給が肝。
長い間運動をするので栄養補給が肝心だ。一時間に一回を目安にジェルを補給し、アミノバイタル等も入れながら走る。

今回エイド(休憩地点)で暴飲暴食をしたことで痛い目にあった。

ジェルしか食べていなかった状態から『コーラ、さらみ、おにぎりを一気食い(笑)』走り出すと全て吐いてしまった。

お腹が冷えていたこともあったが、『おかゆ、暖かい汁、梅干し』等で身体を温めながらお身体にやさしいものを入れたほうが良い。

スニッカーズ等のバー系はお腹にはたまるが、苦しい。。

 

 


f:id:haru5200:20180924090809j:image

③身体に負荷のかからない走り。
ランニングを続ける中で身体の痛みはつきものだ。

私は膝と足首に痛みを感じることが多く、原因は内股による捻挫や無理な姿勢での着地がある。
今回は『テーピング』を駆使した。お守り程度としか思っていなかったが、効果はてきめんで『捻挫、膝の痛みなし。』とい素晴らしい結果となった。

また、走る際には『親指重心』+『2本の線を走る』+『手の親指立てない』などのことを意識することで身体に負荷の少ないエコな走りができた。

 

 



f:id:haru5200:20180924090927j:image

④ナイトランの習得。
実は夜の山を走ったのは今回が初であった(笑)暗くなると視界が狭まり、とても不安になった。

ヘッドライト+手持ちライトを使用するのだが、走りずらい。

夜の走りを練習しよう。

しかし、初めてのナイトランは野生感が強く、終盤で疲れているはずなのに、力がみなぎってきた。

 

 
f:id:haru5200:20180924090834j:image

なぜ長い距離を走るのか?


f:id:haru5200:20180924193150j:image

辛いけど自分の成長を感じたり、今この瞬間を気持ちよく過ごしていると思える。

 

何より過酷な状況を感じると『日常生活』がなんて幸せなんだ!と思える。

 

いつも同じ生活でなくて、辛い状況にあえて足を踏み込む事で、違う世界が見えてくる。


f:id:haru5200:20180924091219j:image