2週間前のレースの余韻が未だに残る。様々な山道との出会いも、面白みの一つ。


f:id:haru5200:20181027181656j:image

第12回 斑尾トレイルレース

 

6位までが表彰台に立てる。おしくも今回は7位という結果だった。

 

この結果をプラスに捉えたい。


f:id:haru5200:20181027181926j:image

走っている最中に『順位』にここまでこだわった大会は初めてだ。

 

序盤5キロまでは1位。


f:id:haru5200:20181027183020j:image

しかし、距離が増えるごとにスピードも落ち、一人、二人…と抜かれていく。


f:id:haru5200:20181027183026j:image

半分を終えた時点で6位に下がってしまった。


f:id:haru5200:20181027181952j:image

このまま順位をキープすれば表彰台だ。



そんなことが頭に過った時には後から選手が来ていた。

 

あっさりと抜かれてしまい、

 

『7位か…』

 

ここは追い上げなくては!

 

と、思ったがスピードが上がらない。

 

『後一人抜けばいいだけ。』

 

そんな言葉を唱えながら、一人粘りの走りを続けた。


f:id:haru5200:20181027183042j:image

そんなことをしていると、後続から足音が聞こえる。

 

これはマズイ!


f:id:haru5200:20181027183156j:image

そんな攻防を続けていたら、ゴールに近づいてきてしまった。


f:id:haru5200:20181027181856j:image

最後の力を振り絞るが、惜しくも6位には届かず。

 

7位になってしまった。

 

夏から長い距離を走り、冬場に向けて準備を重ねてきた結果が少し出た。

 

まだ総合の表彰台には早い!ということなのだろう。

 

30代では1位だったが…


f:id:haru5200:20181027183008j:image

コースは最高に整備されていて『走らされる』コースであった。


f:id:haru5200:20181027182047j:image

広葉樹が広がり、落葉した葉っぱの絨毯による『ふかふか』の路面。
f:id:haru5200:20181027182934j:image

 

お陰で足へのダメージも少なく、疲労感なくゴールすることができた。


f:id:haru5200:20181027182952j:image

家族も一緒に行けたので最高の休日だった。