うんていが作りたい衝動が抑えきれない!500円で作れるのか!?




f:id:haru5200:20181202174336j:image

 

女子の水泳で有名な池江さんは子どもの頃、家で『うんてい』をしていた!!

 

そんなことをテレビで見て、すぐにでも娘にやらせなくてはという衝動に駆られた。


f:id:haru5200:20181202174604j:image

その後、色々と情報収集をしたが、購入するにも5万円以上、作るにしても1万円以上となかなか手強い感じがした。

 

どうしたらノーリスクハイリターンの『うんてい』を作ることができるか!?

 

『家にあるもので作ってみよう!』

 

そんな見切り発車で早速作ってみた。

 

まずは棒の溝を作ります。


f:id:haru5200:20181202194137j:image


f:id:haru5200:20181202194154j:image

 

等間隔に棒の幅22mmの大きさに切っていきます。


f:id:haru5200:20181202194214j:image


f:id:haru5200:20181202194229j:image

調子いいです。


f:id:haru5200:20181202194408j:image

木くずのアート。

 

 

 


f:id:haru5200:20181202194259j:image

ノミを活用します。


f:id:haru5200:20181202200824j:image

溝りました。


f:id:haru5200:20181202194331j:image

完成したので、棒を置いてみます。

 

ジャスト・サイズ!!


f:id:haru5200:20181202200837j:image

昼寝から目を覚ましたので、半強制的にぶら下がってもらいます。


f:id:haru5200:20181202200848j:image

上の娘より下の娘のほうが興味を抱いていま。


f:id:haru5200:20181202195914j:image

自分用の懸垂にも活用できそうです。

 

私たちは、他人の都合や社会の視線を気にするうちに「ありたい姿」を見失い、スペックばかりを追い求めてしまいがちだ。

 

自分のものだと信じていたはずの欲望や希望が、よく考えてみると他人のそれだった、ということも少なくない。


自分のやりたいこと。創作したい!本を読みたい!畑をいじりたい!ということに素直に耳を傾けないと、気持ちが乱れていく。

 

変なものを作ってもつかってくれないんじゃないか!?

お金をかけたのにたいしたことないじゃないか!?

時間をかけたのに大したことないな!?

 

そんなことは他人が決めるんじゃなくて、自分が決めればいい。