子どもが楽しめる畑をやろう!!


f:id:haru5200:20180617175505j:image
今日は高校の部活動の先輩が畑に来ました。


f:id:haru5200:20180617175600j:image

3姉妹という、大家族での来訪です。

 
f:id:haru5200:20180617175646j:image

はじめてのじゃがいもほりだったようで、とても楽しそうです。


f:id:haru5200:20180617175702j:image

2歳から畑を楽しめることが、証明された瞬間です。



f:id:haru5200:20180617183700j:image

色んな虫もたくさんいますが、以外とガツガツ捕獲してました。


f:id:haru5200:20180617175736j:image

ニンニクはぬきごたえあり。


f:id:haru5200:20180617175803j:image

玉ねぎを収穫するころから、我が娘も参戦しだしました。

 
f:id:haru5200:20180617175840j:image

我が娘は今まで畑に来てもすぐに退散していました。


f:id:haru5200:20180617175912j:image

今回も最初は機嫌を損ねて帰ってしまいましたが、戻ってきました。

 

同年代がいることでやる気がでたのでしょう。

 


f:id:haru5200:20180617180004j:image

一輪車に収穫物を積んで。

 
f:id:haru5200:20180617180958j:image

運びます。



f:id:haru5200:20180617181057j:image

帰路。

 
f:id:haru5200:20180617181043j:image

寄り道して。

 
f:id:haru5200:20180617180903j:image

ダンボールへ満タンにつめます。


f:id:haru5200:20180617181205j:image

 一休みして。


f:id:haru5200:20180617181219j:image

お別れの挨拶。

 

今までは私が楽しんだり、気分転換の場として活躍していた畑。

 

今回は子どもが楽しむことができ、活用の幅が広がった。

 

また、自分だけでなく周りの人に『おすそ分け』をすることで、色んなプラスの作用が働いたと思う。

 

今までは、一人で収穫して→家族で食す。だと畑の恩恵に預かることができるのは我が家の4人だ。

 

今回は、大人数(今回は8人)で収穫して→各家庭で食す(2家族 約11人)。

 

人を巻き込んで、色んな人に楽しんでもらえたほうが農作業のやりがいがある。

 

また、将来何か【農】のイベントをやりたいという目標もあるので、それに近づく一歩を踏み出せた気がした。